声優ターゲット

アニメ、漫画、声優さんに関して発信します!

声優養成所『青二塾』のメリット・デメリットを勝手に分析してみた!

はじめに

声優養成所って、ものすごく沢山あって、どこに入れば夢に早く辿り着けるか分からないという人も多いのではないでしょうか?

それに、養成所って実際どれくらいの値段なの?学費は高め?体験レッスンってあるの?と思っている方のために声優事務所で有名な「青二プロダクション」の養成所、青二塾について書いていこうと思います。


青二塾

青二プロダクションは設立した1969年以降から数々の制作会社のキャスティングを担ってきた歴史の長い大手プロダクションです。

ジャンプ作品の『ワンピース』などに名前も載っているのでしっている人が多いと思います。

所属しているのは『ルパン三世』の峰不二子役の沢城みゆきさん、『進撃の巨人』で大人気キャラクターリヴァイ役の神谷浩史さん、『スラムダンク』の人気キャラクター流川楓役の緑川光さんなど、あげきることができないくらいたくさんの方を抱えています。

養成所は東京校と大阪校があります!それぞれ内容も違うので見て参考にしてみてください。

青二塾のメリット

①年齢の上限がない

ほとんどの養成所には年齢の上限がかなり若く設定されていることが多いです。青二塾は大阪校のみ28歳までと制限がありますが、東京学校には上限がありません。下は高卒以上からと決まっています。

他には国籍の制限もないようで、中国・韓国・ブラジルの人までも門を叩いているらしいので日本以外でも声優の養成所はここと知られているほどの知名度を誇っています。

◎入所人数は

東京校 Ⅰ部が60名(2クラス各30人) Ⅱ部が40名(2クラス各20人)

大阪校 60名(2クラス各30人)

となっています。

②レッスンの日数を選ぶことができる

東京校も大阪校も内容は違います。そして東京校の中でも違うのでここで解説していきます。

東京校 Ⅰ部 週5日 1年間

東京校Ⅰ部は「全日制」となっています。レッスン時間は10時〜17時で1年の最後に所属オーディションで所属するのかどうかが決まります。

東京校 Ⅱ部 週3日 2年間

こちらは夜間のみで2年間レッスンを受けます。

大阪校 週2日 2年間

大阪校は、土日のみの2年間で、昼夜レッスンがあります。

レッスン内容は、

  • 演技
  • パントマイム・人形劇など
  • 日本舞踊
  • モダンダンス
  • 発声


があります。ダンスやうたのレッスンは専門学校でもありますがパントマイムをするところはかなり珍しいです。

かなり傾向としては演技を重視し声優ではなく役者を育てるようにしています。

SPONSORLINK




③青二プロダクションへは青二塾からが1番高い

養成所の所属オーディションは3月に行われ、他にも専門学校で12月〜1月に開催されています。

専門学校と違って養成所はプロを育成するためにレッスンしているので、みっちりと鍛え込まれた青二塾生の方が所属になりやすいです。

レッスンを見に来てくれていたり報告を受けていたりするので、生徒の個性などを把握しやすいのとかもあると思います。

◉卒業生たち

草尾毅、白石涼子、桑島法子、島崎信長、津田美波、三浦祥朗、野中藍、菅沼久義、野島健児、相沢舞、置鮎龍太郎、小野坂昌也、中井和哉、ほか

青二塾のデメリット

①倍率が高い

声優になりたい人のほとんどがやはりここに入りたいと考えるので入所の倍率がものすごく高いです!!

何もやったことがない人だけではなく経験者や他の業界からの人もいたりするので合格する人も元からある程度の実力がある人が多いです。

オーディションは以下のような流れで行われます。

  • 1時試験(書類選考、課題に沿った作文)
  • 2次試験(面接・朗読・自由課題【自分でお題を決めパントマイム】)
  • 結果発表

となっています。朗読等がありますがパントマイムが試験内容に入っていることから言葉を使わずに上手い下手を見るのではなく人に伝える能力、面白くする能力などを見ていると思われます。

なので自由に自分のやりたいことを伝えるようにしたほうがいいでしょう。

②学費が高い

他の養成所に比べて青二塾は圧倒的に学費が高いです。東京校はどちらも総額110万円、大阪校は総額106万円ほどだそうです。

専門学校のように教育ローンを組むことができるのでそちらを利用する方法もありますが、一度専門学校に通ってからではかなり大変だと思います。

利用しないで毎月払うと9万とかになると思うので一人暮らしの人には非常に厳しい金額になります。バイトをしながらレッスン似通うには厳しい額です。

絶対に青二塾と決めているわけではない場合は少し考えたほうがいいかもしれません。

③体験レッスンや見学がない

ほとんどの養成所には体験レッスンなどがありますが、青二塾は一切ありません。

代わりに「入塾説明会」が開かれています。

授業風景の映像を見たり、塾長との質疑応答などがあります。参加費は無料です。なので話を聞いてみたい人はいいですが、生徒の環境はどのようになっているのかを肌で感じることができないので少し厳しいと思います。

評判や口コミはネットで調べてみるしかありませんが、評判が本当かという保証もないので注意が必要です。


まとめ

青二塾はかなりレッスン料はかかりますが、全日で通ったりするにはかなりいいと思います。声優になるためにどっぷりと毎日すごくすことができるので。

ですが、働きながらやっていくには結構厳しいものもあります。

声優界の中でも一番競争が激しい場所なので毎回いろいろ闘っていく覚悟や仕込みをする時間ときちんと取る必要があります。


この場所でやって行きジュニアになって3年経って結果が伴わなかった場合すぐに切られてしまいます。

どこでも一緒ですが覚悟が必要です。

このことを参考にしてぜひこの先の一歩を決めるお手伝いができたら嬉しいです。


記事:YU-KI

f:id:egaorecipe:20180715135939j:plain