声優ターゲット

声優になるための、声優を知るための情報が満載!!声優情報サイト!

声優「石塚運昇さん」に関して、とことん分析して書き尽くしてみた!

はじめに

本名は漢字の書き方は同じく「石塚運昇」ですが読み方は『いしづか ゆきのり』の石塚運昇(いしづか うんしょう)さん(以下、石塚さん)!ポケモンのオーキド博士(オーキド・ユキナリ)の声で知られていますね!!

主に朗読指導を行う「石塚運昇 リーディングカンパニー」も主催されていました。参加者によるリーディング劇も行って、舞台俳優、声優の経験をもとに演出、演技指導も手がけていました。


高校時代に初めて人前で芝居をしたのがきっかけとなり、役者としての情熱が沸き起こったそうなのです。その後最初は声優としての道ではなく劇団薔薇座に入り芝居の方をしていました。

そこから、少しずつ声優の仕事を増やしていったそうです。

『カウボーイビバップ』のジェット・ブラック役、『機動戦士ガンダム00』のセルゲイ・スミルノフ役、監視者役、『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』のヴァン・ホーエンハイム役、『まじっく快斗』の中森銀三役、『ヨルムンガンド』でレーム役、『トリコ×ONE PIECE×ドラゴンボールZ 超コラボスペシャル!!』のミスター・サタン役、『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダーズ』のジョセフ・ジョースター役などで活躍されています。

COWBOY BEBOP Blu-ray BOX (初回限定版)

COWBOY BEBOP Blu-ray BOX (初回限定版)


吹き替えではリーアム・ニーソンやケヴィン・スペイシー、ローレンス・フィッシュバーンを担当していらっしゃいました。また、映画を中心にCMナレーションもたくさんしています。

機動戦士ガンダム00 10th Anniversary COMPLETE BOX (初回限定生産) (特典なし) [Blu-ray]

たくさんの作品に出演されて知らない人はほとんどいないであろう石塚運昇さんの魅力をたっぷりご紹介します!

石塚運昇さんの魅力!

ポケモンで大活躍!育てたポケモンは…

石塚さんといえば『ポケットモンスター』シリーズのオーキド博士として知っている方が多いのではないでしょうか。

ポケモン捜査網!オーキド博士をさがせ!!


石塚さんにもかなり影響を与えている作品で、

「初めてブラウン管側(テレビ)の視聴者の子供たちを意識するようになった」

と語っていました。
表現の仕方はテレビドラマ、舞台、声優の仕事では心から出す感情は同じなのですが気をつけることが変わってくるのでびたいの表現のままではテレビでも声優でも伝わりにくくなることがあります。

もちろん他の演技から別の場所での表現になったときにも起こりやすいことです。そこに石塚さんは苦労しながらもポケモンではいろんなトレーナーのポケモンの声を50種類ぐらいは担当されていました。

さらに他のキャラクターの声も担当されていたので全部の役を合わせるといったい何十という役をされていたのか本当に凄かったです。

ポケモンのロケット団が行っていたラジオにゲストに石塚さんが招待されたこともありました。そのときにはロケット団がラップを石塚さんに歌わせようとしていたり、実は一番最初のピカチュウとサトシの旅立ちのときにオニスズメに襲われるシーンをいじったりしていました。

石塚さんはこのシーンのオニスズメの声も担当していたためなんだか複雑な気持ちになっていたりしていたようです。

いろんな方にいじられる石塚さんはかなり可愛らしいところを見せたり、ツッコミを入れていたりしました。なかなか聞くことのできない石塚さんの一面が見られる楽しい放送でした。

SPONSORLINK




ポケットモンスター シリーズ

原作はゲームで今でも続いている主人公サトシとピカチュウが旅をしていろんなトレーナー、いろんなポケモンに出会う物語です。

オススメ

カントー地方、オレンジ諸島、ジョウト地方とどんどんといろんな世界に飛び出して行って新しいポケモンに出会って新しい旅を続けていくサトシとピカチュウ。

その間に大切な仲間のポケモンとの別れがあったり熱いバトルが出来るライバルが現れたり、ときにはミステリーや事件に巻き込まれたりしながらも絆を深めていきます。

子供向けの番組ですが、かなり胸の打たれる感動のストーリーや体験したことのある悩みやときに逃げ出したい時があったときにどうしていたかを思い出すような内容もたくさんあります。

特に劇場版は必ずと言っていいほど泣かされます。

劇場版ポケットモンスター「幻のポケモン ルギア爆誕」「ピカチュウたんけんたい」

そして、このポケモンのことをなんでも知っていていろんな博士から尊敬されているオーキド博士の声を担当しているのが石塚運昇さんでした。ギャグがあったりドジなところがあったりでもポケモンのことが大好きな博士で本当に元気を与えていました。

映画も、アニメも今後も続いていきます。そこでまた新しいポケモンたちと出会い進んでいきます。

親子で見て一緒に楽しむこともできるように最近は最初の作品の方をメインにした映画も出ていたりします。実はあのときに語られなかった絆の物語や、前に体験した感動をもう一回見ることもできます。

ポケモンにはかなり活躍されている声優の人がたくさん出ていて「まさかこの人で!!」ってことや「この声優さんってこんなこともできるんだ!」という新たな一面を見ることもできます。

人間の言葉を話すことなく感情や状況を伝えるポケモンたちを演じるのは本当に大変でその中でも石塚さんなどは尊敬されています。

まとめ

やさいいおじさま以外にもかっこいいおじさま、残酷な適役、海外のものすごくマッチョなおじさままでいろんな吹き替えなどもしていました。

石塚さんの幅広い演技をたくさん残された作品から少しずつ見ていくのもすごく楽しいと思います!

アローラ!!

アローラ!!

  • サトシwithピカチュウ(CV:松本梨香/大谷育江)
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

聴き放題サービスで聴いてみる!

記事:YU-KI