声優ターゲット

声優になるための、声優を知るための情報が満載!!声優情報サイト!

特待生制度ってどんなもの?声優養成所、声優事務所に所属するなら知っておきたい!

はじめに

声優になること目指している人なら事務所に入る前に養成所などに行かなければならないということを知り、特待生制度という存在を知っている人もいるかと思います。

ですが特待生制度ってお金が減額してもらえるとか、いいクラスに入りやすいとか以外にも実は特典があることを知っていますか?

ここでは声優事務所へ入る時も結構有利になる特待生制度や、その時の過ごし方などを踏まえてくわしく特待生制度について話していこうと思います。

特待生のメリット!!

①一般的に公開されているメリット

だいたい特待生の特典として公開されているのは授業料が半額になる、入所金が減額になる、他にも生活費がもらえるといったところもあるようです。

結構いい特典が多いです。

他にも設備が使い放題のところや研修を受けるということもあります。養成所の生徒である間は特待生でなければ研究を受けることはできません。

そしてオーディションが貰いやすくなってりしています。

もちろん特待生になるためにはそれなりの経験や実力が必要になりますが個性が光っていたり事務所の求めている人材に合致した時は特待生になる可能性は非常に高いでしょう。

入所後も事務所の人たちがいろんなところから特待生として合格した人が今はどんな感じなのか現場には出せるレベルなのか、今すぐに出せないのだとしたらどのくらい勉強させれば入れられるのかを見ています。

ここで見捨てられてしまわないように毎週毎週全力で取り組んでいく必要があります。養成所でやることよりも現場に出て覚えることたくさん使ってもらうことの方がすごく大変なので、そこに挑むためにも毎週たくさん吸収して成長しましょう。

SPONSORLINK




②飛び級の可能性がある

ではここから、公開されていないことを話していきます。実は特待生として入所しても養成所の基礎クラスから始めないといけない場合などよくあるのですが、オーディションに入所してすぐに合格してテレビアニメ収録とかが続くようになってクラスに来れなくなり仕事が増えてしまった場合には3ヶ月もしないうちに事務所の方に預かり、準所属などに一気に飛び級するとこがあります。

他にも養成所に入れたけれどもそのレベルではないと判断された場合、さきほど書いた研修がたくさん入ってきたりします。事務所主催のイベントのお手伝いをしたり、収録についていくことができて挨拶回りとともに音響監督の方たちに紹介してもらえたりします。

他にイベントとしてお手伝いとして行った時も多くの方に紹介してもらってお仕事で今後関わる人たちにいち早く会いに行くことができたりします。

その他にも所属している先輩声優自ら個人レッスンを受けたりしてさらに技術を磨く環境が整ったりととてもいいことがたくさんあります。

こういう待遇をしてもらえるということは想像ついていると思いますが、かなり入所の段階から事務所の中でも注目されてオーディションに出られる可能性が高くなります。

その上事務所に所属の時もかなり他の人よりも指導してもらえるので所属してからも事務所から新人の中で優先してお仕事を回してもらえます。やはり仕事をすればするほどどんどん成長していくので事務所の中でもある程度成長させてその後は現場で育てていくという感じになっていきます。

③いい仲間に出会いやすい

養成所入るもしくは直接事務所に所属に限らず声優としてこの先仕事していくために必要な人たちにたくさん会えます。お仕事を下さる事務所の人たち、指導してくださったり食事に行きながらいろんなことを教えてくださる先輩声優の方々、お仕事で沢山使ってくださっていい作品を一緒に作るためにたくさん意見を交換する方々。

この人たちの出会いを大事にして自分もその期待に応えられるようにどんどん成長していかなければなりません。それが仕事をもらっていくために必要なことにもなります。

そして、同じクラスになった人や現場で一緒になった他の事務所の新人の人たちとも一緒に今後長くお仕事していく人が多いと思うので本当にたくさんの人と仲良くしておくといいでしょう。

仕事はどこから来たかはわからないにしろ必ず人伝いにくるので知り合いはたくさん作っておきましょう。

そして、一緒に助け合いながらいろいろ盛り上げていけるように頑張ってください。

まとめ

特待生になるためにはまずその事務所では特待生のオーディションをしているのかどうかを調べるようにしましょう。

今は結構いろんなところで特待生制度が減ってきているので、もしあったらそこに全力で受けに行くようにしてください。

受かるのは本当に大変です。自分より経験のある人も受験しにきますが、そういう人たちにも負けないような自分をきちんと鍛え上げて挑みましょう。

特待生になったらお仕事現場はこの先かなり近くなるので所属後も努力を怠らずどんどんチャレンジして自分のお仕事をどんどん増やしていきましょう。

この記事がお役に立てば幸いです。

f:id:egaorecipe:20181006201650j:plain

記事:YU-KI