声優ターゲット

声優になるための、声優を知るための情報が満載!!声優情報サイト!

声優事務所と契約(預かり所属)する時に確認すること!注意すること!

はじめに

声優事務所、声優プロダクションの預かり所属というのは、場所によってはジュニアという言い方だったり準所属という言い方だったり様々ですが、やることは一緒です。お仕事のオーディションを受けながらレッスンも受けるポジションになります。

その際にレッスン費用がかかるところもあれば、レッスン費が無料のところもあります。

などなど、実力を認められて急に預かり所属になることがあります。

その時に養成所とも違うので契約前にどんなことを気をつければいいのか、どんなことを知っておけばいいのかを詳しく話していこうと思います。

SPONSORLINK




預かり所属契約前に調べておくこと

①自分はどのように契約をするのか

これは、契約書にだいたい書いていますが契約書を読んでも内容がわかりにくかった場合は事務所の担当の人にきちんと聞きましょう。

この契約でこの事務所に入って、例えば退所する時にはどうなるのか。次の事務所に行く時にすぐに移ることができるのかできないのか。

お仕事は今後どうやって受けていくのか、自分の個人情報などはどうしたらいいのか、他のワークショップなどを受けに行くことは可能なのかなどなど、契約書には行動の縛りやしてはいけないことなどが書いてあります。

他にも契約期間や更新の仕方も書いています。自動更新なのか定期的に話し合って更新するのかなどもきちんと確認しておきましょう。先ほど書いた退所の時にいつまでに連絡をしておかなければならないのかなども書いてあることがありますので。

なのでこれはきちんと読み込みます。

他にも契約によってフリー声優として在籍するということもあります。これは事務所に完全所属とは違うのでいろいろ自由が効きやすい状態になります。もちろんフリーでの在籍になる時もどのような決まりごとがあるのか聞いてみるといいでしょう。

②プロダクションに入った後どういう扱いになるのか

場所によって預かりの人がどうなるかが違うので確認が必要です。

預かりとして所属となってもレッスンを受けてそれで優秀と認められないと仕事はさせられないという考えの場所なのか、合うオーデションが来たらレッスンも受けつつすぐにオーディションにも行ってもらうという考えの場所なのかで自分にいつお仕事が来るのかが変わってきます。

この話を確認するだけでも自分がこの事務所では養成所としてのレベルなのか、仕事として使いたいから預かり所属の採用をしてくれたのかがわかります。

仕事として使えるか様子を見たいところというのであれば事務所のカラーに合っていると判断された時点でお仕事が回ってくるようになりますが、この子は事務所のカラーとは違うなとなってしまうとずっとそのままの場合があります。

基本的にマネージャーの人たちは忙しいのでお仕事のオーディションに出すにはこれが足りていないよとあちらから言ってくれたりはしません。基本的には放置です。

なので自分で気がついていくか自分から食い下がりに行くしかないのです。なので契約の前にもたくさんいろんなことを聞いておいたほうがいいです。どうして採用してくださったのか、事務所ではどのようなお仕事が来ていてどういう人材を探していたのかなどなど。

こういう話をしておくと自分に仕事がこないなと感じるよりも前にそこに合わせて行ってアピールし続けお仕事を取りに行くことができやすいからです。

所属してから情報をもらうのは結構難しいので所属の前の話を聞いてもらいやすい機会にたくさん聞いておきましょう。

SPONSORLINK




③お給料に関して

声優の業界でお給料としてお金が支給されるところと、声優の仕事の数で収入が決まる出来高での支給の方法があります。

自分が所属しようとしている場所はどちらの形態を採用しているのか確認しましょう。それによってバイトを掛け持ちしながらいけないのか、バイトを少なめで声優のオーディションに集中しやすいのかが変わってきます。

それと、支払いがいつなのかも確認しましょう。翌月に入るものなのか2ヶ月後に入るものなのかそういうところもちゃんとチェックして生活していきましょう。

一応信頼している事務所とはいえ支払いが遅れた時にはこちらからきちんと申告をする必要がでできますので。

まとめ

実際に預かりとして所属する時には契約書を書くことになります。これにサインしてハンコを押して提出してしまったら契約書の内容に絶対従わなければならなくなってしまいます。

なので確認は絶対に契約書にサインする前にしましょう。契約書をもらってもその場ですぐに書くのではなく持ち帰っていろいろ調べたり相談してから決めないと、大変なことになってしまうことがあるのです。

そうなる前にきちんと信用できる事務所なのかどうか見極めてからにしましょう。

そうすることで安心して事務所の人たちと連携を取りながら今後お仕事をしていけるようになるので自分にあった事務所を選んでちゃんとアピールしてお仕事をもらっていきましょう。

この記事がお役に立てば幸いです。

f:id:egaorecipe:20181025224735j:plain

記事:YU-KI