声優ターゲット

声優になるための、声優を知るための情報が満載!!声優情報サイト!

【疑問】声優になるために、どうして声優養成所に入らなきゃいけないの!?

はじめに

声優になるためにはどうしたらいいのか調べてみるとだいたい専門学校へ行くことをお勧めするか声優の養成所を勧めている記事にたどり着くことが多いですよね。

ネットの広告にもたくさんの専門学校や声優養成所の広告が出てくると思います。

事務所選びなどの他にもたくさん悩みがあると思います。

ネットの生放送アプリでいろいろ活動して声優を目指している人もいます。しかし、それだけではプロになれないことがほとんどです。ネットの活動をしていた人もきちんと声優養成所を卒業して所属してお仕事をもらっている人もいます。

なので、なんで声優養成所に行かなければならないのか、どういったメリットがあるのかなどをここで詳しく話していきます。


声優養成所にはいる理由は?

①声優養成所とは

まず先に声優を目指す人にとって養成所に入ることがまずプロになるための第一歩となり、その後デビューへの近道になる可能性も大きい場所です。

声優の仕事というのは会社に入社して徐々に仕事を覚えていくようなこととは大きく違い、仕事ができる人間の中でも多くの人に気に入ってもらえる、人を楽しませる能力など芸能に関連した能力が高い人の中からお仕事を勝ち取っていくシステムです。

なので何もできない、見た目もちゃんとしていないではお仕事を獲得するためのオーディションにすらいくことはできません。

なので声優養成所では声優に必要なスキルや知識を学ぶためのプロを育成する学校のようなものになります。知識を身につけてということではなく実演することができるというレベルで育てていきます。

SPONSORLINK




②声優養成所になぜ入るのか!?

声優の業界には専門学校に入っていても声優プロダクションに所属することはほとんとできません。

プロに本当に必要なことが足りていないことが多くまず自分の事務所に必要な子なのかを見極める必要があるからです。

相当技術や見た目、個性が際立っていてすぐに現場に出せるような人なら話は別ですがまずそういう子はいません。声優事務所はちゃんと信頼してお仕事を託すのです。

信頼できる人とは何かというのもいろいろありますがまず社会に出しても大丈夫な人であること、そして声優の仕事をする上で必要な技術を持っている必要があることがまず条件となってきます。

ちゃんとした新人でなければ現場に出した時に失敗してしまったりクライアントさんに恥をかかせてしまったりしたら事務所自体の信用が落ちてしまうからです。なのでちゃんと現場に出しても大丈夫と信用した上で現場に出します。

声優業界の仕組みに従って養成所を就業してから声優事務所への所属のために声優養成所へ入るということになります。

③なぜ専門学校ではダメなのか!?

先ほども少し書きましたが専門学校を卒業しても簡単に声優事務所に所属することはできません。

専門学校は声優に必要な技術はこういうのがありますよとレッスンしてある程度はできるように導いていきます。アフレコのレッスンもオーディションに関する勉強もさせてもらえます。

しかし専門学校は生徒が入学し卒業し有名事務所に入ってくれればお仕事をしてくれなくてもいいのです。

専門学校は入学金やレッスン費が生徒からもらえることで成り立っていて、卒業後有名な事務所にじゅん所属という形とかで行ってもらってお仕事がなくてもそこの事務所に卒業生がが所属しましたという実績が次の生徒候補の人たちに見てもらう資料として使えればいいのです。

なのでプロを育てる必要はないこと、そして声優事務所が運営していて毎日そのことで働いているマネージャーや現役で活躍している声優さんが養成所に生徒を育てるのは今後自分の事務所にもっとたくさんの仕事をもらえるように業界に信用してもらうようにと必死なのです。

同じく経営することが中心にあっても目的が大きく違うので声優のプロを育てなくてはいけない声優事務所の養成所とは考え方がそもそも違うのです。

なので専門学校を卒業しても結局のところは声優養成所へ行かなくては事務所に所属できないのはこういうことが原因にあるのです。


まとめ

声優の業界は古くから養成所を卒業した人が所属することが多くその流れは今も変わっていません。養成所の所属オーディションで受かるためにたくさんのことを身につけるために専門学校に行ったりすることもできますがお金が結局のところかかってしまい大変です。

なのできちんと各事務所の養成所を調べてどの事務所に行ってどういうことをしたいのかということをできるだけはっきりさせてから通うことをお勧めします。

各事務所で特徴も欲しい人材もやっていきたいことも違っているのでそこに沿っていないとどれだけの能力があってもうまくいかないこともあります。

そうなってはまた違う事務所へ行ったりもしくはフリーで自分で活動していく必要が出てくるなど大変なことがまた増えていくので行き当たりばったりはやめてきちんと自分が進んでいく道がどういうものなのか見極めましょう。

そうしたことで開けてくる道がありますので大事にしてください。この記事がお役に立てば幸いです。

記事:YU-KI

f:id:egaorecipe:20181003100819j:plain